お薬に頼らず何とかしたい、あの不眠症!!

【いつまでも時間だけが過ぎていき、寝付けない】

 

そんな辛い思いをされていませんか?

私も一時そういった悩みを抱えていた時期がありました。

 

 

今日はそんな方の為に

今すぐにでも出来る、不眠症対策をお話ししていきますね。

第1回目はその中でも特に重要な5つをお伝えします。

 

①早起きすること

早寝、早起きの習慣をつけること

人は日が落ち暗くなるとお休みモードに入り、日の出と共に日の光を浴びると

活動モード変わっていきます。

体にこの習慣を付けてあげることです!

 

 

②朝日を浴びること(メラトニンの分泌が止まる)

日の光を浴びると睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が止まり、セロトニンと言う

活動ホルモンの分泌が始まります。

そしてまた、14時間~16時間かけて自然にメラトニンの分泌が始まりまた眠くなる

このリズムのキッカケが朝日を浴びることで始まります。

 

 

③朝起きて有酸素運動を20分~30分でもする(ウォーキング程度でよい)

脳内でセロトニンが分泌され安くなる

 

 

④カフェインを採り過ぎるのは良くない(カフェインの半減期は4時間)

コーヒー、茶、紅茶、チョコレート、ココア、レッドブル、リポビタンD

など飲食物を摂取するのは遅くても寝る4時間前までにしましょう。

 

 

⑤ブルーライト(スマホ)→脳が覚醒しメラトニンの分泌を抑制してしまう

ブルーライトは距離の二乗に反比例して影響は小さくなる

テレビやパソコンの様に距離のあるものはスマホより影響を受けにくい

スマホは最悪

 

 

睡眠薬(睡眠導入薬、抗不安薬)を飲めば基本寝ることは出来ますが、あまりお勧めはしません。

何故なら、依存性(精神的・身体的)が起こり飲まないと逆に眠れなくなったり、耐性ができて効かなくなってしまい余計に寝られなくなってしまうから。

 

 

ただ、凄くストレスがかかったりして中々眠れない時など常用しなければ依存はなく大丈夫ですが基本的にはお勧めは出来ません。

 

 

 

今日は、以上です。

 

 

次回は、残りの5つの対処法と眠れない、その時にチャレンジしてみてエクササイズをお伝えしていきます。

 

 

お楽しみに!