腰 痛

  こんなお悩みありませんか?

  • 色々治療してきたけど、今も良くなっていない
  • 最近ドンドン腰の痛みがひどくなって来ている感じがして、今後が心配だ
  • お医者さんから手術を勧められたが、手術はどうしても嫌だ
  • 妊娠中でドンドン腰痛がひどくなって来たけど、治療を受けても大丈夫なのか不安だ。
  • お医者さんから、腰痛とはうまく付き合って行きましょうと言われえたが何とか治したい

大丈夫です     

腰痛は当院にお任せください

今まで、どうしてあなたの腰痛は良くならなかったのか?

理由その

腰痛の根本原因が明確に検出できていない。

 

レントゲンなどを撮ってもらい『特に異常はありませんので、しばらく湿布で様子見てください』と言われたことありませんか?

 

痛いのに『異常は無い』どう思われますか?

痛みがあれば、必ずその原因はあります。

必ず。

 

この原因が分からないのに治すことなど出来るはずありません。

治療の第一歩は原因を見つけることから始まります。

 

原因も分からないのに、やみくもに痛みを取る処置をするとどうなるかご存知ですか?

一時的に楽にはなるでしょうが、実は体はドンドン悪くなっていきます。

 

実は痛みの本当の意味は、原因となる異常部位からの警告信号です。

 

腰痛を起こす原因となっている異常な部位が徐々に悪くなって来て『限界まで来たから放っといたらダメだよ』ということを痛みと言う形で自分自身に知らせてくるサインなのです。

 

痛みを楽にすることだけに目を向けた対処を続けると体は根本的に悪くなっていきます。

 

どういう意味なのか『痛みの原因』と『痛み』の話しを火事の現場に例えてもう少し説明します。

 

例えば

台所で油から火が出ました。

そしてそれを感知した火災報知器が『ジリリリ~』と警告音を鳴らして火事を知らせてくれます。

このケースでは出火が原因です。

火災報知器が鳴るのは結果です。

 

あなたはまず第一に何しますか?

 

やぱり消火ですよね。

そうじゃないと、火は瞬く間に広がり家は全焼かもしれません。

 

今度はこの状況を体に置き換えてみましょう。

火事は体の異常(原因)火災報知機は症状です。

では

症状消しますか?

原因消しますか?

先ずどちらを消しますか?

 

症状ばかりに目を向けていると、本当の問題である根本原因の悪化を見失い火事が大きくなるように体は更に悪くなっていきます。

 

火災報知機のけたたましいあの音を消したい(辛い症状を消したい)のも解ります。

しかし大事なのはやぱり火を消すことです。

 

多くの病院や治療院も『痛み止めの注射や薬・湿布』『痛い所にマッサージや電気治療』などあの手この手を使い症状を何とかしようと躍起になっています。

 

本当に症状を改善したければ、その原因を先ず検出し、ここから改善していく事が大切です。

 

火災報知器を消すよりも、火元を確認して火から消していきましょう。

そうすれば火災報知器も勝手に止まります。

症状も勝手に無くなっていきます。

 

 

理由その

症状だけを和らげる対処しかしてこなかった為

・筋肉が張っているから、筋肉をほぐす。

・湿布・ぬり薬・痛み止めで症状を和らげる。

・骨盤・背骨の歪みを整える

・体操・ストレッチで体をほぐす。

 

これらは筋骨格系に対しての対処法で、他に内蔵や神経系・循環器系の問題も関係していることも多々あります。

 

症状を和らげることを最終目的とするのではなく、症状を引き起こしている原因を見つけそれを改善し、再度その原因が目を覚まさない様にすること目標として行きましょう。

 

理由その

腰痛を根本原因から改善する治療が行われていないから。

本当の原因さえ分かれば、後はその根本原因を解決する為の治療をしていけば勝手に症状は改善していきます。

 

症状を楽にすることだけに向き合っている以上はいつまでも腰痛から解放されません。

 

今まで色々治療を受けたが、一時的に楽になるけど根本的に良くならない方は、本当の原因が明確に検出されず、症状のみの改善に目を向けた対症療法だったかもしれませんね。

 

《 腰痛の原因って何?! 》

①背骨や骨盤などの骨の歪み

②筋肉の異常緊張

③姿勢

④椎間板の異常

⑤神経の圧迫

これらはよく言われる腰痛の原因の一部ですが、これら以外に更に深い根本原因があることをご存知でしょうか?

 

《では本当の根本原因とは!?》

原因は検査で詳しく検出していきますが 100人いたら100通りあります。

 

その原因は、自律神経系・内蔵の機能異常・循環器系・感染などの問題が根本に隠れています。この問題を当院独自の検査で検出して行きます。

 

これらの根本的な原因が骨格の歪み・筋肉の異常緊張・姿勢などの問題を二次的に引き起こしていると考えられます。

 

 

腰痛の根本的な原因(神経・内蔵・循環器等)には、必ずある異常な状態が起こっています。

その異常状態とは?

 

『 治  癒  力 の 低 下 』

例えば

ケガをした時、傷はいつの間にか治っていますよね。

 

でも、こんな経験も有りませんか?

普通はいつの間にかきれいに治っていますが、

化膿したり、いつまでもジュクジュクして治って行かないこともあります。

 

この違いはケガをした部位に働く治癒力の強弱の違いです。

 

前者はその部位に働く治癒力が100%働いていて、後者には50%位しか働いてないそんなイメージで考えてみてください。

症状の根本原因として検査で検出される異常部位には治癒力の低下が必ずあります。

この部位に対して治癒力を活性化させる施術をすることで根本原因は改善に向かい、結果として症状も改善していきます。

一番問題なのは原因を明確にできないまま、痛みの軽減のみを目的にした対処(薬やマッサージ・電気治療など)しかしないことです。

 

当院では腰痛を根本原因から改善していきます

腰痛の原因を徹底的に検出し、根本原因に対して施術を行うことで腰痛で悩み続けたあの生活から卒業しましょう。

『 こんなことが腰痛の原因だったの?! 』と驚かれる方も多いです。

 

ここまで細かく原因を検出できるのは、当院独自のスキャニング検査があるからです。

 

 

 

 

病院に勤務されている看護師さん、育児疲れで突然腰に激痛が!!

その他の患者様の声

先生の施術は根本を治してもらってるって感じがします

声原稿

10年前に人から「ここいいよ」とすすめられて来ました。

最初のころはそれこそ痛かったですが、通ううちにしっかり変化があらわれて
きました。

他が悪くなっても、すぐ、そちらを治療して頂けるのでありがたいです。

治療が始まってすぐに「うおっ」と思うほど変化がある時があるので感動します。

薬の治療は一時的なものなので、またすぐにやってきてしまいますが

先生の治療は なんか、根本を治してもらってるって感じがします。

院長先生の説明は分かりやすいですし、丁寧です。

いろいろ体の構造も教えてもらって ほぉ… と勉強に

なってます。

スタッフの人もいい人ばっかりで、整骨院といったらまよわずここ紹介するでしょう。

住まいがかわらない限り、ここに通いたいと思います。

26歳 女性 事務職

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

腰痛で横寝しかできなかったのが大の字で寝れるように!

他の医院で腰痛の手術をする予定でしたが

車椅子生活になる可能性が大で、痛みを柔らげる為の注射を20本以上打つ必要もあり

結局自分の判断で手術を中止しました。

(宮内整骨院に)通院する前は横寝状態でしか寝られなかったのに、現在は大の字で寝ることが出来ています。

車椅子生活に… ならなくて良かったです。

先生には痛みを持って通い続けている人への思いやりの心が
感じられ、心が癒されます。

毎日の生活を維持…するのには先生の手を借りるしかないです。

71歳 女性 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

症状のみの改善ではなく、再発しない体を作り上げていくこと目標にしています

一般的に言われる症状の原因として歪み・コリ・姿勢などがありますが、これらは表面的な原因に過ぎません。

病院や他の治療院とは全く違う考えのもとに、体に起きている根本原因や問題点まで改善していくことで再発しない体作りを行います。

腰痛なら腰、肩こりなら首や肩と、その部分の施術だけでは根本的な改善につながりません。

なぜなら根本原因がそこにあるとは限らないからです。

色々な角度から原因を見つけ出し、お悩みの改善を目指します。

治療だけでなく、あなたのお悩みや本当に求めていることをしっかりとお聞きすることに力を向けています

 当院は治療を提供しさえすれば体の不調が改善していくとは考えていません。

あなたの症状に関する事だけでなく、その辛い症状で生活のなかの何に困ってみえるのか、何に不安を感じておられるのか、心配事は無いのか、そして本当に痛みが取れるだけでなくその先にどんな生活を期待されておられるのかをお聞きし一緒に考え共に治療を進めていく事を重要視しています。

来院されたあなたにとって居心地の良い空間を提供できるよう努めています

来院いただいた方にとって居心地の良い空間だけでなく接客対応においても目配り・気配り・心配りの出来る対応を心がけております。

施術やカウンセリングにおいては、治療というスタンスから甘々で全てやり通せる訳ではないので時には耳に痛いお話をしなくてはならないことありますが、これもあなたが本当に求めるものを提供するためものですのでご了承くださいね。